テレビで話題!花粉症に効くじゃばらが13倍に効果がアップする飲み方とは

花粉症
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2009年に岐阜大学が研究発表をして以来大人気の花粉症に効く食べ物「じゃばら」。
じゃばらの産地、和歌山・北山村では3000名モニターキャンペーンを実施して村おこしにも貢献しています。
2019年にはテレビ番組「名医のTHE太鼓判!」でも取り上げられ、さらにその人気は高まっています。
じゃばら関連商品はたくさんありますが、一体どの商品をどのように飲んだら効果があるのでしょうか。

花粉症に効くじゃばらが13倍に効果がアップする飲み方を調べてみました。

テレビで話題!花粉症に効くじゃばら

2019年3月にテレビ番組「名医のTHE太鼓判!」で、花粉症にはじゃばらが効果的と放映され話題になりました。

番組では、じゃばらの産地、和歌山県東牟婁郡にある北山村をクローズアップ。
北山村は周囲の97%がスギの森林にもかかわらず、花粉症の人の割合はわずか16%で、全国平均の半分以下、東京の約3分の1だそうです。

「じゃばら」は、江戸時代から栽培されていますが、門外不出のため北山村でしか栽培されていない柑橘類です。
じゃばらにはナリルチンという成分が含まれており、花粉症の原因となるヒスタミンの放出を抑えてくれます。
ナリルチンは柑橘類に多く含まれる成分で、通常は大きさに比例して増えていきますが、みかんとほぼ同じ大きさのじゃばらで、グレープフルーツの5倍以上のナリルチンが含まれています。

じゃばらの産地・北山村の花粉症モニター募集

北山村は、近年、花粉症に対してじゃばらを使用することで効用があるのか調べるモニター調査を実施しています。
モニターは、じゃばら果皮粉末を1週間ほど毎日試食し、花粉症への効用を報告します。
2021年は3月1日締め切りでモニター募集をしているようです。

花粉症にじゃばらの効果は?

花粉症にじゃばら、とよく聞くようになりましたが、一体いつからそのように言われるようになったのでしょうか。

2009年、岐阜大学医学部でじゃばら果汁飲用による花粉症の症状を確認する実験が行われています。
花粉症の15名が北山村のじゃばら果汁を毎日10ml(朝夕5mlずつ)、2週間以上連続して飲用して検証したところ
・水っぱな
・くしゃみ
・鼻づまり
・鼻、目のかゆみ
・涙目
といった花粉症の症状がすべて改善した、という結果が出ました。
さらに驚くことには、
・仕事に支障
・疲れやすい
・精神集中不良
・面談に不便
・気分が晴れない
・運動に支障
などの、生活での健康不良についても改善された、という結果になりました。
それ以来、「花粉対策にはじゃばらが良い」と花粉症の方に浸透したようです。

「じゃばら」果汁の飲用は、花粉症の症状の改善のみならず、生活の質改善にも有効なのですね。
じゃばらは肌に良い、という話もありますが、生活の質が改善されてお肌にもいい効果をもたらすのでしょう。
薬とは違って天然の果汁なので副作用もなく、薬を飲めない妊婦さんやこどもも安心して口に入れることができますね。

参考:岐阜大学医学部が北山村特産じゃばら果汁の花粉症に対する効果発表、過疎の村北山村の地域振興に期待!

花粉症にじゃばらの効果的な飲み方は?

じゃばらは「かなり酸っぱくて苦い」ため、そのまま飲むことに抵抗のある方も多いようです。
また、様々な種類のじゃばら商品があるため、どれをどのくらいの量飲んだらよいのかわからないという意見もあります。

じゃばらの皮には13倍のナリルチンが含まれている*ため、皮まで使われたジャムや粉末・サプリなどの加工品がおすすめです。
*大阪薬科大学生薬科学研究所調べ

じゃばら粉末パウダーの飲み方は?

じゃばらの粉末パウダーは液体には溶けにくく、入念に混ぜても完全に混ざり切らないため、ごくごく飲めるものに混ぜて勢いよく飲むのがおすすめです。
じゃばら粉末パウダーは炭酸水で割ると飲みやすいようです。
水やお湯、牛乳はじゃばらの苦みが強く出てしまうためおすすめできません。

じゃばら原液果汁ジュースの飲み方は?

じゃばら果汁は1日10mlを朝晩5mlずつ、ジュースなどの甘い液体と混ぜて飲むのがおすすめです。
オレンジジュースやジンジャエールで美味しく飲めるようです。
バニラアイスクリームにかけても美味しいという意見もありました。

じゃばらサプリの飲み方は?

じゃばらサプリは1日9粒~12粒を出かける前に飲むのが良いようです。
こちらのサプリメントは、北山村原産の幻の柑橘類「じゃばら」に柑橘類の成分「ヘスペリジン」を加えた春向きサプリメントです。
酸っぱさや苦みを気にすることなく摂取できるので、一番サプリがお手軽かもしれませんね。

花粉症に効くじゃばらのまとめ

花粉症に効くじゃばらが13倍に効果がアップする飲み方をまとめます。

じゃばらの皮には13倍のナリルチンが含まれているため、皮まで使われたジャムや粉末・サプリなどの加工品がおすすめです。

じゃばらは「かなり酸っぱくて苦い」ため、そのまま飲むことに抵抗のある方も多いです。
じゃばらの粉末パウダーは、炭酸水で割ると飲みやすいようです。
じゃばら果汁は、1日10mlを朝晩5mlずつ、オレンジジュースやジンジャエールなどの甘い液体と混ぜて飲むのがおすすめです。
じゃばらサプリは、1日9粒~12粒を出かける前に飲むのが良いようです。
酸っぱさや苦みを気にすることなく摂取できるので、一番サプリがお手軽かもしれませんね。

2009年、岐阜大学医学部でじゃばら果汁飲用による花粉症の症状を確認する実験が行われ、
花粉症の症状がすべて改善しただけでなく、疲れやすい・気分が晴れないなどの、生活での健康不良についても改善された、という驚く結果が出ました。
それ以来、「花粉対策にはじゃばらが良い」と花粉症の方に浸透したようです。

「じゃばら」果汁の飲用は、花粉症の症状の改善のみならず、生活の質改善にも有効なのですね。
より効果の出るじゃばら商品で花粉症の症状を改善していきましょう。

花粉症対策マスクについて別の記事で調べていますので、よろしければあわせてご参考になさってください。

花粉症対策については、こちらの記事もよろしければあわせてご参考になさってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました