海老蔵カレーの作り方は?母と妻への愛情たっぷりレシピ

市川海老蔵
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市川海老蔵さんがブログやインスタグラムで公開している手作りカレーが話題です。
海老蔵さんが幼いころ食べた、十二代目市川團十郎夫人・希実子さんのカレーレシピには愛情が詰まっています。
2人の子供にカレーを振る舞う海老蔵さん。
海老蔵さんの作るカレーのレシピには、妻麻央さんとの思い出がつまっています。

海老蔵カレーの作り方とレシピの背景にある愛情エピソードを調べてみました。

海老蔵カレーとは?

【海老蔵カレー】子供達がカレー食べたいらしいので全力クッキング!

【YouTube動画】【海老蔵カレー】子供達がカレー食べたいらしいので全力クッキング!

海老蔵さんがYouTubeでカレーを実演して動画で発信されています。
細かく説明してくださっているのでうれしいですね。

View this post on Instagram

Kids are saying they’re hungry-, so ‘twas a good idea I had made some more. . Of course curry🍛✨ This time with more turmeric! Do enjoy❤️ . I’m sorry it’s curry everyday🙏 But in the past daddy had eaten curry everyday for like 5 months... haha. * お腹減ったーとさ というわけで 作っておいてよかった もちろん🍛✨ 今回はターメリック多めです! どぞ❤️ 毎日カレーでごめんね🙏 でもパパ5ヶ月くらい毎日カレーの時あった、、 笑笑。 #市川海老蔵 #海老蔵 #成田屋 #歌舞伎 #ABKAI #ABMORI #ebizoichikawa #ebizo #kabuki #thunderparty #theater #theaterarts #actor #japan #classic

A post shared by Ebizo Ichikawa 市川海老蔵 TH (@ebizoichikawa.ebizoichikawa) on

海老蔵さんのインスタグラムにはしばしば美味しそうなカレーが公開されます。
海老蔵さん手作りのスパイスカレーです。
娘の麗禾(れいか)ちゃん、息子の勸玄(かんげん)くんも大好物のようです。

毎日カレーでごめんね、と言う海老蔵さんに「海老蔵さん、パパ頑張ってる!」「パパお手製カレーで子供たちは幸せですね」と称賛のコメントが上がっています。

朝カレーを食べる麗禾ちゃん。

海老蔵カレーは妻・麻央さんへの愛情が詰まっていました。

特製カレーの隠し味を聞かれた海老蔵さんは「麻央が闘病で食べ物がのどを通らないので野菜スープを作ったのがきっかけ。残ったときにどうにか活用する方法はないか、と思って子供たちのためにカレーにしたら、おいしかった。隠し味は愛情と野菜スープ」と説明した。
引用:海老蔵さん特製カレーのレシピは?/芸能ショナイ業務話

闘病の麻央さんに少しでも食べてもらいたいと作った野菜スープが海老蔵カレーのもとになっているのですね。
海老蔵さんの心の中にはいつまでも妻・麻央さんがいることが感じられます。

海老蔵カレーの作り方は?(1)海老蔵さんのレシピ

妻・麻央さんの野菜スープが元になった海老蔵さんのスパイスカレーですが、海老蔵さんはレシピをブログに公開しています。

市川海老蔵『カレーの作り方何故か英語版』
How to make curry my wayFirst buy carrots onion chicken potatoes many many vege…

なぜか英語でカレーレシピを公開した海老蔵さん。
日本語訳すると、

材料:鶏、ニンジン・玉ねぎ・じゃがいもなどの大量の野菜、りんご、オリーブオイル、塩、はちみつ、スパイス

作り方:
(1) 野菜を大量に用意し、小さいサイズにカット
(2) 少量のオリーブオイルでにんにくと玉ねぎを30分ほど圧力鍋で炒める
(3) そこへ残りの野菜を投入し3時間煮込む
(4) さらに玉ねぎを追加し2時間煮込む
(5) かたわらでチキンをグリルする
(6) リンゴをすり下ろしチキンと一緒に圧力鍋に足す
(7) 塩、はちみつ、スパイスで味付けをして出来上がり

9時間かけて仕込んだカレーの中身はトマト、セロリ、カボチャ、ニンジン、カブ、オクラ、マッシュルーム、シメジ、シイタケ、タマネギなど10種類以上の野菜と骨から外した鶏肉の手羽。これを2時間以上、煮込んだと聞きました。
引用:海老蔵さん特製カレーのレシピは?/芸能ショナイ業務話

かなりの時間煮込んだカレー、とても美味しそうです。

気になるのはカレールーのスパイスですね。
海老蔵さんのインスタグラムでも様々な種類のスパイス瓶を確認できました。
一枚目の画像はターメリックですね。
(スワイプで複数画像を見ることができます)

ルーのスパイスが知りたい」という声が多かったようで、海老蔵さんはブログでこのように言っています。

説明できないんですぅ〜〜
一言で言うとカン!
笑笑、
でも
同じ味にぶれずになるらしい…
引用:【海老蔵ブログ】レシピなんですが

「お腹減ったーと というわけで作っておいてよかった もちろん(カレーの絵文字) 今回はターメリック多めです! どぞ 毎日カレーでごめんね」
引用:【海老蔵ブログ】お腹減ったーとさ、

ターメリック以外のスパイスは、カレーに使われる数種類を海老蔵さんならではの「カン」で混ぜ合わせて作っています。

カレーのスパイスはたくさんの種類が必要と思いがちですが、この4種類があればカレーを作ることができます。

・クミン
・ターメリック
・コリアンダー
・レッドチリ

基本は同量ずつ混ぜますが、レッドチリは辛さのお好みによって変えたらよいですね。
何度も作ると自分好みのスパイス分量になるのではないでしょうか。
ほかのスパイスカレーのレシピにはトマトを入れることが多いようなので、野菜にトマトは入れたいですね。

ご家庭で本格派カレーレストランの味を!多くのインド料理専門店に卸しているvishwasのスパイスです。

海老蔵カレーの作り方は?(2)母・希実子夫人のレシピ

海老蔵さんのお母様で十二代目市川團十郎の妻である、希実子夫人の家庭料理をエッセイにした「成田屋の食卓」には、海老蔵さんが好きなカレーのレシピが掲載されています。

インド風チキンカレー
【材料 4人分】
・鶏骨付きもも肉 400g
・たまねぎ(中) 2と1/2個
・にんにく 2片
・しょうが 15g
・赤唐辛子 3~5本
・ギー(または無塩バター) 50g
・ガラムマサラ 大さじ3
・ターメリック 小さじ1と1/2
・強力粉 小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ3
・サラダ油 大さじ1
・塩、黒こしょう 各適宜

【作り方】
1:鶏肉をぶつ切りにし、塩小さじ1をふり、手でもみ込んで30分ほどおく。

2:たまねぎ、にんにく、しょうがは薄切りにする。赤唐辛子は水に浸してから縦に切り、種を除く。

3:鍋にギーを溶かし、赤唐辛子を炒め、香りが出てきたら弱火にし、たまねぎ、にんにく、しょうがを加え、焦げないように木ベラで混ぜながら、たまねぎが茶色くなってクタクタになるまで 50分ほど炒める。水分がなくなってきたら水を何度か足して炒める。

4:3にガラムマサラ、ターメリック、強力粉を加え、混ぜながら炒める。鍋底に張り付くようになったら水1リットル、鶏ガラスープの素を加えて煮る。

5:フライパンにサラダ油を熱し、1の鶏肉をきつね色になる程度に焼く。脂が出てきたらキッチンペーパーなどで取り除く。

6:4の鍋が沸騰したら5を加え20分ほど煮て、黒こしょう少々で仕上げる。

引用:海老蔵さんが親しんだ味です。『成田屋の食卓』チキンカレーのレシピ

海老蔵さんは骨付きの鶏を使ったカレーが特にお好みだったということで、海老蔵カレーレシピにもそれが生きています。

時間をかけて玉ねぎを炒め、ガラムマサラで味付けした本格カレーを幼いころから親しんだ海老蔵さんだからこそ作れる味があるでしょうね。

海老蔵さんの母・希実子夫人の料理レシピや著書についてはこちらの記事にまとめていますので、よろしければあわせてご覧ください。

海老蔵カレーの食器は?

海老蔵さんが作るカレーが盛られた食器にも注目が集まっています。
素敵なお皿にカレーがのるとより美味しそうに見えますね。

こちらの食器はロイヤルコペンハーゲンのプレートです。
いくつものパターンに変化している定番のシェイプで、ブルーフルーテッドのルーツになる「ホワイトフルーテッド」という種類になります。
ほかの食器とも相性が良く、メイン料理や、朝食用のワンプレートにおすすめのサイズです。パスタやオムライスなどの色鮮やかな食事もとてもよく映えますね。

海老蔵さんや子供が使っている食器についてはこちらの記事でも調べていますので、よろしければご覧になって下さい。

海老蔵カレーのまとめ

海老蔵カレーの作り方とレシピの背景にある愛情エピソードをまとめます。

海老蔵カレーの材料は、トマト、セロリ、カボチャ、ニンジン、カブ、オクラ、マッシュルーム、シメジ、シイタケ、タマネギなど10種類以上の野菜と骨から外した鶏肉の手羽、りんごとスパイスになります。

海老蔵カレーの作り方は、少量のオリーブオイルでにんにくと玉ねぎを30分ほど圧力鍋で炒め、小さいサイズにカットした野菜を入れて3時間煮込む、さらに玉ねぎを追加し2時間煮込み、リンゴをすり下ろしてグリルしたチキンと足したら塩、はちみつ、スパイスで味付けをして出来上がりです。

海老蔵カレーのルーのスパイスは、ターメリックを含む数種類を海老蔵さんならではの「カン」で混ぜ合わせて作っています。
カレーのスパイスはクミン、ターメリック、コリアンダー、レッドチリの4種類があれば作ることができます。

海老蔵さんの母、希実子夫人のエッセイ「成田屋の食卓」には、海老蔵さんが好きなカレーのレシピが掲載されています。
海老蔵さんは骨付きの鶏を使ったカレーが特にお好みだったということで、海老蔵カレーレシピにもそれが生きています。

海老蔵カレーの隠し味は、「愛情と野菜スープ」と答えた海老蔵さん。
妻の麻央さんが闘病で食べ物がのどを通らないので野菜スープを作ったのがきっかけで、
残ったときに子供たちのためにカレーにしたら、おいしかったそうです。
海老蔵さんの心の中にはいつまでも妻・麻央さんがいることが感じられます。

海老蔵さんのおうち時間の過ごし方について別の記事でまとめています。

よろしければあわせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました