海老蔵は英語がペラペラ?NHK「えいごであそぼ」に家族で出演

市川海老蔵
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市川海老蔵さんは、亡き妻・麻央さんのブログを英訳したり、SNSを英語で発信するなど、積極的に英語を使用されています。

2017年からはNHK「えいごであそぼ」に家族で出演している海老蔵さん。
実際、英語はペラペラ話せるのでしょうか。

海老蔵さんの英語力と、英語を使用する意図について調べてみました。

海老蔵ファミリーで出演!NHK「えいごであそぼ」

View this post on Instagram

* 明日えいごであそぼ 朝 0645からです。 明日は家で3人で見れそうです。 早起きしたら是非! ジェスチャーゲームの日らしいですよ。 ------------------------ 今回の「LET'S MEET ほりこしさん!」 のコーナーでは、 みんなでジェスチャーゲームに挑戦します! 本放送:2019年9月6日(金)6時45分〜6時55分 再放送:2019年9月6日(金)17時10分〜17時20分 2019年9月20日(金) 6時45分〜6時55分/17時10分〜17時20分 ※ 放送時間・内容を変更、および休止することがあります。 「えいごであそぼwith Orton」 番組HP:http://www.nhk.or.jp/kids/program/eigo.html #市川海老蔵 #海老蔵 #成田屋 #歌舞伎 #ABKAI #ABMORI #ebizoichikawa #ebizo #kabuki #thunderparty #theater #theaterarts #actor #japan #classic

A post shared by Ebizo Ichikawa 十一代目 市川海老蔵 (@ebizoichikawa.ebizoichikawa) on

2017年から海老蔵さん、長女の麗禾(れいや)ちゃん、長男の勸玄(かんげん)くんの3人でNHK「えいごであそぼwith Orton」に不定期で出演しています。
その意外性から、出演時は「海老蔵がえいごであそぼに出ている」と話題になりました。

「えいごであそぼ」出演のきっかけについて、海老蔵さんは「(子供)2人がこの番組が好きだったから」とブログで語っています。

市川海老蔵『実は1月2日に』
麗禾と勸玄おじゃまさせていただきました英語であそぼすこし出演させていただきます。2人がこの番組好きなとこからこのお話始まりました。喜んでいます。2人ともよろし…

子供と仲良く英語に親しむ海老蔵さんを、みなさん好感を持って視聴しています。

この番組の中では、海老蔵さんの英語力を確認することはありませんでした。

ブログやインスタを英語で発信!海老蔵は英語がペラペラ?

海老蔵さんはインスタグラムを英語(日本語併記)で発信することが多いです。
海外公演も多数こなしているので、海外のファンを意識してのことかと思われます。

2017年、海老蔵さんは、亡き妻・麻央さんのブログを英訳して発信したことでも話題になりました。
海外から「麻央さんのブログを英語で読みたい」というオファーがあったため、と海老蔵さんは説明しています。

市川海老蔵『ご報告』
まおのことやブログに、日本だけでなく海外の方も関心を持っていただいていると聞きました。世界中の私たちと同じように乳がんで苦しんでいらっしゃる方やそのご家族の力…

実際、麻央さんブログの英訳は海老蔵さん本人がされているのでしょうか。
「(英訳を)今夜から頑張ってみます」とあるため、ご自身で英訳している可能性は高いです。

2014年11月、海老蔵さんの英語を話す様子が話題になりました。

ᴉɐʞɐuoʇ on Twitter
“海老蔵、英語の発音もっとどうかならんかったんか。それなら日本語で良かった。”

海老蔵さんもブログで「英語わからなーい」と言っているように、この時点では英語はペラペラではありません。

市川海老蔵『取材数本』
英語わからなーいなんとかやっとります…

麻央さんブログの英訳は2017年になりますので、約3年の間に英語力が向上したのでしょうか。
残念ながら、2014年以降、海老蔵さんの英語を話す姿を確認することはできませんでした。

毎日歌舞伎のお稽古や公演が忙しい中で、会話や筆記力を大幅に高めるのは現実的に難しいように思えます。
仮に海老蔵さんが英文を書いていたとしても、通訳や英語サポートをする方が身近にいて、細かなニュアンスを修正していると考えるほうが自然でしょう。

いずれにしよ、海老蔵さんの英語で発信する姿勢は見習いたいですね。

外国人観光客を増やそう!海老蔵の英語への思い


「(外国人は客席の)1割に満たない」

2018年、海老蔵さんは、歌舞伎を鑑賞する外国人観光客の少なさを問題視しています。
同じ日本の伝統文化である大相撲が外国人観光客に人気な点をふまえると、歌舞伎が1割に満たないのは何か理由がありそうです。

「言葉の壁を越えたい。パフォーマンスを模索することも考えている」

パフォーマンスの内容が外国人観光客にはわかりづらい、と海老蔵さんは考えているようですね。
海外公演で、外国人のリアルな反応を感じている海老蔵さんならではの意見です。

歌舞伎の魅力を世界に広めたいという思いが、英語のSNS発信や今回の発言につながっています。

海老蔵英語力のまとめ

海老蔵さんの英語力と、英語を使用する意図についてまとめます。

2017年末からNHK「えいごであそぼ」に家族で出演している海老蔵さん。
この番組の中では、海老蔵さんの英語力は確認できませんでした。

2017年に海老蔵さんは、亡き妻・麻央さんのブログを英訳して発信しています。
海外からオファーがあり「(英訳を)今夜から頑張ってみます」と語っているため、海老蔵さんご自身で英訳している可能性は高いです。

2014年の時点で英語はペラペラではなく、それ以降、海老蔵さんの英語を話す姿を確認することはできないため、現在の英会話の実力はわかりません。

現在、海老蔵さんはインスタグラムを英語(日本語併記)で発信することが多いです。
海外公演も多数こなしているので、海外のファンを意識してのことかと思われます。

歌舞伎の魅力を世界に広めたいという思いが、英語のSNS発信につながっています。

2020年は東京オリンピックで海外観光客も多数訪れる年になりますが、海老蔵さんの十三代目団十郎を襲名する年でもあります。
日本文化を世界に広げる活動をこれからも期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました